豊橋動物園(のんほいパーク)で人間性もチェック

あれもこれも贅沢に楽しめる豊橋のんほいパーク

豊橋には魅力的なスポットが数多く存在するのですが、その中でも注目しておきたいのがのんほいパークです。

 

名前からしてのんんびりできそうな公園だし
もちろん、行ったことがある人のほうが多いと思いますが、活用方法なども紹介します。

 

・基本情報-のんほいパークとは?

実は、のんほいパークというのは正式名称ではありません。
正式名称は「豊橋総合動植物公園」です。
※地元の私は、昔は「二川動物園」と読んでいました。

 

 

動物園ゾーンを中心に植物園ゾーンや遊園地ゾーン、自然史博物館から構成されています。

 

これだけのものが詰まっている公園ですので、その敷地も広大です。
その敷地は約40haと言われており、本当に広々としています。

 

 

デートで動物園をおすすめする理由とは?

まだ出会ったばかりのカップルの場合は、相手がどんな人間なのかを知る上でも活用ができます。

 

動物や自然にに対しての考え方を知ることで、ある程度の人間性がわかります。

 

しかし男女ともにはじめのうちは、表面上だけよく見られたいという気持ちがあるので
その点はすべてを信じるのではなく、本心かどうかを見る必要もあります。

 

特に女性は「かわいい〜♪」という言葉だけで済まそうとするので
その裏にある人間性を見るようにしましょう。
※「好き」とか「いいよねー」という言葉だけなら誰でも言えます。

 

動物によっては、近づくだけで匂いがする種類もありますよね。
その際の反応だったりも見ると良いです。

 

さらには、広い敷地の中では歩き回るので
疲れたときなどにも、相手がどんな性格なのを知る判断がある程度出来ます。

 

 

では実際に、どのような施設があるのかも合わせて紹介します。

・あれもこれも贅沢に楽しめる!豊橋のんほいパーク

先でもお話ししましたように、4つから構成されているので行くだけであれもこれもと贅沢に楽しめるのです。

 

動物園ゾーン

野生に近い環境の中でありのままに過ごしている動物たちを眺めることができます。

 

極地動物館ではホッキョクグマのダイビングや水中パフォーマンスを楽しむことができます。

 

★ここでは、好きな動物やその理由などの会話で盛り上がることもあるでしょう。

 

 

植物園ゾーン

四季折々の植物を楽しむことができます。
すいれん園にはモネの「睡蓮」をテーマにしている「モネコーナー」があり、
モネのアトリエにあったモネガーデンから譲り受けたというスイレンの花があるので必見です。

 

遊園地ゾーン

大人も子どもも大喜びの大観覧車があります。
大観覧車以外にもさまざまな遊具が用意されています。
※一般的な遊園地と遜色ありません。

 

ディズニーランドのように長時間、並ぶことはありませんが
それでも多少の待ち時間は週末ならあるので、その際にも
どんな会話で盛り上がるのかも注目ポイントです。

 

自然史博物館

古い時代から新しい時代に向かって、過去の世界を体感することができます。
精巧なジオラマはもちろん、貴重な本物の化石も展示されています。
生物の歴史を学ぶことができるのですが、一種のアトラクションのような感覚で楽しむことができるでしょう。

 

他にも季節ごとにエサやりなどのイベントが行われているので、行く前にチェックするのもいいですよ。

 

通常であれば動植物園や遊園地、博物館というのはそれぞれ足を運ばなければいけないのですが、
のんほいパークであれば一気にそのすべてを楽しむことができるので、とても贅沢なスポットです。

 

動物園の帰りに二川周辺ではどこに行けば良いのか?

まず帰り際にすぐにあるのが、ラウンドワン・スポッチャです。

 

豊橋動物園でどれくらい歩き回るかは、人それぞれですが、
もしもまだ遊び足りない場合は、ラウンドワンがおすすめです。

 

さすがに、スポッチャで遊ぶほどの余力はないと思いますが、
カラオケでまったり過ごしながら、会話するのもいいですし、
次のお店(ご飯)を決めるために、ゆっくりするのもいいでしょう。
※ちなみに、近くには「ココイチ」「横綱ラーメン」「焼き肉」などもすぐに歩いて行ける距離にあります。

 

しかし、周辺にはディーナーが楽しめるお店はない?

デートの締めにレストランやディーナーが楽しめるお店でゆっくりしたいものですが、
残念ながら周辺にはデートの帰りにオススメの店舗はありません。

 

少し車で走ればまだありますが、それだったら
豊橋駅方面か浜松まで帰ったほうが良いお店があります。

 

しかし、浜松方面だと距離もあるので、車ですぐに帰るのも疲れてしまいます。
そんな時には、ちょっと寄り道もできるといいですよね

 

そこで、まだ明るい時間だったら、道の駅・潮見坂がおすすめです。
※浜名バイパスで浜松方面に帰る時に、ちょうど県境で合流して少し走った場所です。

 

夕方なら海に反射した夕焼けを見ながら、足湯に浸かるのもまったりするのもいいでしょう。

 

夜なら、すぐ近くに太平洋の海岸があるので、歩いて浜辺まで行くのも良いかもしれませんね!

 

時間帯によっては、サーファーもいますが、見かけによらず悪い人はほとんどいません。

 

オーシャンビューを楽しみながらBBQのできる施設もあります。

 

 


※ダチョウもいる!?オーシャンビューでBBQ

トップへ戻る